もの忘れ外来通院中の皆様、そのご家族の皆様へ|高砂で内科をお探しなら細田診療所|高砂駅南口より 徒歩10分

内科・小児科・循環器科・消化器科・呼吸器科・整形外科・リハビリテーション科・物忘れ外来・禁煙外来・ED診療・各種予防接種・心療内科・精神神経科

スタッフ通信

もの忘れ外来通院中の皆様、そのご家族の皆様へ

皆さん、こんにちは。院長の赤畑正樹です。私たちは昨年から認知症患者様対象に「もの忘れ外来」を行っております。

以前から認知症治療は行っておりましたが、①認知症治療には説明の時間が長くかかり、ほかの外来患者様の待ち時間が長くなること ②同伴されるご家族の皆様の待ち時間負担の軽減、この2つの理由から、あえて週に2回内科一般外来をほかの先生に託し、認知症患者様専用の時間を設けました。

初診の患者様は30分、再診の患者様は15分の枠で予約を取らせて頂いております。このため、1回の外来で診察いたします患者様の数に制限がございます。そして再診の間隔は本来であれば、特に初診後数か月の間は、2週間ずつで様子をみさせて頂きたいところですが、予約枠の関係から4週間先、5週間先になることが多くなっております。

しかし、認知症治療は急ぎの対応が必要な場面も多くあります。治療開始後も落ち着きが改善せずご家族の介護負担が減らないケース、治療開始後に体調不良が生じお薬の副作用が心配されるケース、安定していたが急に症状が悪化したケースなどあり得ることです。

その場合には、次回の予約がしばらく先だからと様子を見ずに必ずご連絡ください。直接外来にお越し頂いても構いませんし、診療所にお電話頂きスタッフが症状を伺い、後ほど私から対応をご連絡しても構いません。もの忘れ外来の時間でなくても構いません。

治療開始時はいきなり高容量の薬を処方することはありません。しかしそのことで、なかなか興奮が収まらないケースは多々ございます。安定した状態となるために、数日単位でお薬を調節していく必要があることもしばしばです。当院は認知症治療について多くの経験を積んでおり様々なケースに対応することができます。精神科の医師も在籍しております。認知症はほとんどのケースで患者様の落ち着きを取り戻し、ご家族の介護負担を軽減することができます。お困りの時には、ご家族で抱え込まずにお気軽にご相談頂きたいと思います。

ページの先頭へ